そらになりかけ

音楽と生き方について話してます。

【スピッツ歴21年】スピッツの超個人的な厳選圧倒的オススメ10曲

どうも、ガンモです。スピッツ歴=年齢です。よろしくお願いします。

 

生まれた時から、いやむしろ母のお腹にいる頃からスピッツを聴いてきた僕が人生21年の歴史を元にオススメするスピッツの厳選10曲です。

 

最近また昔の曲がタイアップで使われたり、衰えることをことを知らないスピッツです。気になって聴き始めた人の参考になれば幸いです。

f:id:kyoumoganbarou:20180412013250j:plain

 

 

ランキング形式で発表しようと思ってましたが、ただ10曲選びました。

なぜなら全て素晴らしく、順番をつけるのがおこがましいという思いがあるからです。

 

 

今回は僕の21年の歴史を元にスピッツのいろんなテイストを感じれるように10曲厳選しました。

マイナーとかメジャーとかに引っ張られないように作りましたけど、やっぱり有名なのはいい曲ばかりなんですよね...

  

なお今回は歌詞の考察を少なめにします。なぜならそうすると文字数がすごいことになりそうなのと、草野さんの思考が深淵すぎて解釈をやりきるのが大変だからです。

 

では張り切っていきましょう!

 

桃 

12thアルバム「さざなみCD」より。

桃

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 ファンの中では言わずと知れた名曲ですね。

まずこの曲は前奏から透明感がすごいんです。ポップなテンポが体を勝手に動かします。

純粋な恋愛ソングですかね。

”永遠という戯言に溺れて”

という歌詞があります。

ここが僕はこの曲の中で一番好きなのです。

永遠なんていうのは儚い希望。でも愛し合う二人はそれを信じきっている。

そんな光景が浮かびますね。

 

君は太陽

13thアルバム「とげまる」より

www.youtube.com

 

テンションの上がるロックなイントロから始まります。

ドラムの音が小気味いい。

”「諦めた」つぶやいて見るけど 諦められないことがあったり”

 

”理想の世界じゃないけど 大丈夫そうなんで”

 

”こぼれ落ちそうな 美しくない涙”

 

”ああ 君は太陽 僕は迷わない”

ここら辺の歌詞いいですねー

自分を好きになれない男が「君」という光に照らされてもがいている、そんなストーリーを感じました。 

 

君は太陽

君は太陽

  • スピッツ
  • ポップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

けもの道

10thアルバム「三日月ロック」より。

けもの道

けもの道

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

これはライブでおなじみの「〇〇の日の出すごーいきれーいだなー」って会場の地名で言ってくれるやつですね。いつか地元でやって欲しい...

スピッツの中ではかなりロックな曲ですね。

初っ端からドラムとベースのリズム隊がガンガンテンションを上げてくれます。

この歌はいつも解釈の難しい歌詞を書く草野さんにしてはわかりやすく僕たちを励ましてくれています。

あきらめないで それは未来へ
かすかに残るけもの道
すべての意味を 作り始める

これはサビ部分の歌詞なんですが、なんともストレートに心に刺さります。

「夢を諦めないで。細い道は微かだけど確実に続いてる。」

という力強いメッセージを感じます。

”すべての意味を作り始める”

というのが草野さんらしいですよね。

意味は探すものでもなく与えられるものでもなく自分で作るものだ、という解釈をしました。この曲のおかげで僕は今夢を追うことができているんです。

 

稲穂 

スペシャルアルバム「色色衣」より。 

稲穂

稲穂

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 これはあまり有名ではないんですけど、個人的に大好きなんです。

すごいノスタルジーな気持ちになります。

多分地元が新潟の田舎なので、本当に歌詞のような光景に囲まれて過ごしたことが原因なのでしょう。

 

最初のアコギとボーカルだけで展開するところが大好きです。

なんというか頭の中に稲穂の実った夕焼けの川沿いの景色がファッと浮かびます。

”遠い国の景色 今君に見せたい”

 

”ありえない明日に憧れ何度でも無理に膨らまし そんな日々を軽く撫でられ

なんでだろう涙が止まらない”

 

理想を追い求めて、妄想ばかりしていた青春。

しかしそんなことは所詮幻想だと軽くあざ笑われてしまう。叶わない。悲しい。そんなストーリーを感じます。

”ケモノになれないケモノでも優しくされたら燃え上がる”

好きな歌詞です。

妄想ばかり膨らんで叶わないことばかりで悲しい気持ちになった時、

自分から攻めていけない内気な自分が優しくされたら女の子をすぐ好きになっちゃうところを重ねて聴いていました。

 

 猫になりたい

「青い車」のカップリングかつ、「花鳥風月」より

猫になりたい

猫になりたい

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

これは何が好きかってひたすらに歌詞が好きです。

この気だるいゆっくり体を左右に揺らしたくなるメロディーももちろん好きです。

”猫になりたい 君の腕のなか”

ここに僕の個人的な思いが集約されています。

昔片思いしていた子が猫を、飼っていて、とても可愛がっていたんですね。

はい、本当にそれだけです。

僕も本当に猫になってあの子の腕の中で甘えられたらなって思ってました。そんな気持ちを言い当てられた気分になりました。あの衝撃は忘れません。

 

数あるスピッツ恋愛ソングの中でもトップレベルに好きな曲です

解釈としてはなんかストーカーの話っていうのが巷にはあるみたいです。解読班の方々はすごいなぁって感心するばかりです。

 

スピカ

「楓」のカップリングかつ「花鳥風月」より

www.youtube.com

まぁ選ばざるを得ない不可避の名曲ってところですよね。

びょよよーーんて感じの前奏から始まり、ズッテッテーズッテッテーという感じのAメロがいいですよね。そしてやっぱりスピカの真骨頂は歌詞にあるでしょう。

 

”やたら真面目な夜 なぜだか泣きそうになる

わかります。眠れない夜、考え事ばかりしてしまいブルーになった時に泣きそうになる。皆さんもそんな夜が一回はあるんじゃないでしょうか?

 

”はぐれ猿でも調子がいいなら 変わらず明日も笑えそうです

たとえ世間と少しづれて孤独になっても元気ならもうちょい頑張ってみるかーていう気分にしてくれます。

 

”割れ物は手に持って運べばいいでしょう”

壊れやすいもの、大事のものは丁寧に扱えば問題なんてない

心や人も同じ。そんなメッセージを受け取りました。

本当にそうですよね。

そんな当たり前のこと、だけど気づきにくいことをサラッと歌ってくれるスピッツ。好きです。

 

そして満を辞しての

幸せは途切れながらも続くのです

スピッツを愛するものでこのフレーズを知らない人はいないのでないのでしょうか。

それほど有名かつ心に残るフレーズです。

不幸なこと、悲しいことがあっても、それはちょっと幸せが途切れているだけなのだと

そう言われただけで僕だけでなくどれだけの人がこの曲に救われているのでしょうか。

なんという名フレーズの塊の歌なのでしょうか。

ちなみに椎名林檎嬢のカバーもあります。これがまたいいんですよね…

スピカ

スピカ

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

ロビンソン

11thシングルの表題曲かつ6thアルバム「ハチミツ」より 

www.youtube.com

もうこれはスピッツを語る上では外せない認知度も非常に高い名曲です。

 

たくさんのアーティストにカバーされ、今も愛され続けるスピッツの代表曲であり、日本音楽シーン史上の宝といっても過言ではないです。

 

まず前奏から美しい。

流れるような、輝くようなメロディーライン。

このイントロだけで僕の心拍数は上がります。

AメロからBメロ、サビへの繋がりももうなんていうか美しいです。

この歌の良さを表現するにはこの世にある言葉では無理なんじゃないかなって思っています。

 

これは草野さんの透明感のある裏声を使わない発声法だからこそここまで完成されたものになっているんじゃないでしょうか。いや絶対そうです。

「ルーララー」の部分は多くの人をカラオケで絶望に叩き落としたことでしょう。僕も含めて。

歌詞の解釈が非常に難しい曲だと思うんですよね...ぼんやり恋愛を描いているようにも思いますがそれだけではないような何かがあります。

 

スピッツ歴が長いと、この歌は定期的にグァッーーーっと来るんですよね。

よくロビンソンから入りロビンソンに還って来る、というファンの話をよく聞きます。すごいその気持ちわかります。

なんかふとシャッフルで流れて来ると、

「あれ?アホみたいにいい曲じゃん」てなります。

日本人に生まれたからには聴いておきたい名曲ですね。

ロビンソン

ロビンソン

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ミカンズのテーマ

10thアルバム「三日月ロック」より  

ミカンズのテーマ

ミカンズのテーマ

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 はい。どマイナーですね。

なんででしょう?すごく良い歌だと思うんですが…

もっと評価されるべきと言わざるを得ない。

 

「ミカンズ」というのは、メンバーが、他のバンド名をつけるならどうするか、というテーマで話した時に出てきた名前らしいです。

つまり言い換えればスピッツのテーマソングということに…!?

 

曲調がいいですよね。

ズッチャッチャって感じが繰り返しててなんか楽しい気分になれます。

あと間奏のベースがなんか好きです。

そして僕がこれを三位にあげた大きな理由は歌詞にあります。

 

”誰もが驚く野望を 隠し持ってる前頭葉”

当たり前すぎる人生を切りはりしてこのざま

”好きだと言えたらよかった そんな記憶でいっぱいだ”

”頑張ってやってみよう 上向いて”

”「まぁいいか」なんて言うな 言わないで”

”ミカンズ笑顔は無理につくれないけど

ミカンズいつかは あの娘のハートつかもう”

めまいがするくらい慎重に歩いてみたが変わんねー

逃げ出す術ばっか考えた そんな自分が嫌いで

”楽しいことないかいな ありそうだ”

”実は恋も捨てず 虹の橋を渡ろう”

 

歌詞の半分以上を抜粋してしまうほど、僕はこの歌の歌詞が好きなんです。

語りきれないです。

これはただ好きな順にしたら一位と同率になるくらい好きです。

この歌はまた別で記事にします。

 

(2018/6/28/追記)書きましたー 

www.kyoumoiitenki.site

 

 

夜を駆ける

10thアルバム「三日月ロック」より

夜を駆ける

夜を駆ける

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 うーーん名曲すぎる。

「夜を駆ける」というタイトルがふさわしいなんとも不安になるような、暗い夜を疾走している感じをこんなにうまく表現できるって奇跡では?

 

この曲は小さいころなんかすごい怖かったんですよね。

歌詞なのか曲調なのか何かを駆り立てられるような気持ちになります。

 

サビのドラムとギターの入りがかっこよぎるし、全般を通している「テレーンテレーンテレーンテレーンテレレレ」の音が心地いいですよね。

 

駆け落ちした男女の話という解釈があり、なるほどなって思いました。

そう踏まえて歌詞を見るとなんとも切ない歌ですね。

これは少し寒い夜に人通りのない道を歩きながら聴くと、体の内側から熱いものがこみ上げてきます。

”甘くて苦いベロの先 もう一度”

うーん…草野さんの甘い声でこれはなかなかアウトです。

 

 春の歌

11thアルバム「スーベニア」より

www.youtube.com

はい。最高ですね。

「春の歌」なんともストレートでいいタイトルですよね。

将来子供に「春歌」って名前をつけたいななんて思うくらいにはこの歌が好きです。

 

三月のライオンでカバー曲が使われましたね。

「本家使えよ!」って思っちゃいましたけど。

 

春という、物事が終わり、始まり、移り変わる季節にふさわしい爽やかなメロディーと励まされる直球な歌詞。化学反応が起こっていますね。

 

イントロからもう春ですよね。夏でも秋でも冬でもなく、「春」

この歌は春になりなにかを始める人、何かのために頑張ってきた人への応援歌ですね。

 

”思い足でぬかるむ道をきた トゲのある藪をかき分けてきた 食べられそうな全てを食べた”

就活、受験勉強などを必死にやってきた。全てを吸収つもりで頑張ってきた。

 

”長いトンネルをくぐり抜けた時 見慣れない色に包まれていった 実はまだ始まったとこだった”

そうやってたどり着いた場所は、また新たなスタート地点だった。これからまだまだやるとはたくさんある。

 

”「どうでもいい」とかそんな言葉で汚れた心今 放て”

かっこよすぎる…「心今放て」ってやばくない??もう…放たれた気分(?)

 

”春の歌 愛も希望も作り始める”

作り始めるってところが好きです。

「けもの道」にもある”全ての意味を作り始める”に通ずるものを感じますね。

 

"遮るなどこまでも続くこの道を"

 

”平気なふりでかなり無理してたこと 叫びたいのに懸命に微笑んだこと 

朝の光にさらされてゆく” 

いいフレーズだらけですね。

 

自分の生き方にこの歌は大きな影響を与えてくれました。

基本的に僕はネガティブな人間なのですが、春の歌を聴いていると、なんだか前向きになれるのです。

もうちょっと頑張ってみよう、あと少しだけ。スピッツがそういっているんだから。と、ここまで生きてきました。

 

春の歌

春の歌

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

まとめ

ここまで読んでくれてありがとうございます。

僕のスピッツへの愛を詰め込みました。本当に名曲が多くて正直まだまだ紹介したい曲ばかりなのです。

楓とか渚とか8823とか漣とかあげていったらキリがないです。

また少しづつ書いていきますね。

 

幸せは途切れながらも続くのです。

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。ではまたっ!

 

【こちらもどうぞ】

www.kyoumoiitenki.site