そらになりかけ

音楽と生き方について話してます。

様々なコンテンツが無料で手に入ってしまう時代に消費者はどう向き合うべきなのかという考察

どうも、ガンモです。

 

昨今はネットを介してほとんどのメディアコンテンツが無料(違法)で手に入れられるようになってしまいました。

そんな時代に消費者はどうするべきかを少し考えました。

 

 

そもそも昔からこういう風潮はありました。

アニメやらドラマやら(AVやら)は色々なサイトに転がっていましたね。

 

最近は漫画村やmusic fmやらのアプリでその流れが他のメディアにおいて加速しているように感じます。

 

とくに漫画村の影響は計り知れませんね。あのサイトはやばい。出版界が潰れてしまう。閉鎖されても名前を変えて新しいサイトができるでしょうからイタチごっこです。

 

普通に考えたら誰かが数日、数週間、数ヶ月かけて作った作品をタダでたのしもうとするなんて虫のいい話すぎます。

 

でも僕も、一回も違法視聴をしたことが無いなんて胸を張って言えません。

 

でもそれらの違法サイトはプラスの影響も与えていますね。

まず読んでみなきゃ、見てみなきゃ、聴いてみなきゃ分からないって言うのは当然の話です。

内容を知らないのをちょっとした宣伝だけでお金を払うほど消費者は優しくないんです。

 

実際に見て面白かったら買う人が大半で、あとは何かに使われてて評判がいいから買う、っていうのもあるでしょう。

 

中身を知ったからこそ買うっていうのもあると思うんですよ。

 

金を払ってまで見たくないけど無料で見れるからとりあえず見たらハマってお金落とすことになる人とか絶対いますよ。

僕とかそうでした。

 

そういう観点では違法サイトの全てが悪でメリットが全くないっていうわけではないと思います。

 

ぶっちゃけると僕はジョジョのOVAをYouTubeで全話見てどハマりして全巻買いました。

あれがなかったら買っていたかわかりません。

 

だから公式でお金を払って簡単にコンテンツを体験できるようなシステムを作って欲しい。

アニメとかドラマはdアニメやらNETFLIXで結構良い感じになってきていると感じます。

 

でも漫画が問題ですよ。

一回は読みたいけど買うほどでもない漫画ってありませんか?

それらをネットでお金払ってサラッと読みたい。

レンタル屋に行くのが非常に面倒です。

TSUTAYA DISCASも家まで届くのを待つというのはスマートじゃないです。

 

いまさらスキャンされるとか、漫画村のある今どうしようもないんだから、お金を払う意思のある人を少しでも集められる手を打つべきじゃないでしょうか。

 

各社様々な電子版のアプリを作っていますが、いちいちアプリ間を巡るの結構面倒ですし、ない漫画が多いですね。

ここは仕方ないのでしょうか。

 

有名どころが読めない限りこの状況が改善される見込みは少ないなと思います

 

そういうのは1日1話式が多いんですけど、それでちまちま読める人ってわりと尊敬できます。

でもまぁ毎週ジャンプ買ってるんだから1日1話ずつなら余裕なのだろうか…?

 

まとめ

つまり僕は、ネットで読める漫画サービスをもっと充実させてほしい!んですよね。

本棚が埋まるからもっといろんなコミックに電子書籍化してほしいし…

 

消費者としては僕たちは、無料で見て、それでよかったなと思えたら少しでも作者にお金が入るように行動して行くべきだし、そうじゃないと業界が潰れてしまう。

 

そうなったら本末転倒なので、皆さん頑張ってお金出しましょう。僕も財布の紐緩めて

生きていきますよ。

どうかお願いします。(なんだこのまとめ)

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。ではまたっ!