そらになりかけ

音楽と生き方について話してます。

【3ヶ月使用レビュー】Kindle Paperwhite マンガモデルのメリットとデメリットを列挙する

どうも、ガンモです。ミニマリストになりたいです。

f:id:kyoumoganbarou:20180226163610j:plain

まぁそのためにはものを減らさなきゃいけない。

ここで立ちはだかる山のような本の問題。

というわけでKIndleを購入したのが約3ヶ月前。

使用感のレビューをしていこうかと思います。

「電子書籍」に対しての抵抗感について

僕は今まで圧倒的な紙派でした。ページをめくる感じ。実体感。本を読んでる感。紙の匂い。全てが好きでした。

 

しかしミニマリズムを知り、佐々木さんの本「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」を読んで僕の人生は変わりました。皆さんも是非読んでください。おかげで僕は、

「積み上げられた本は自分の価値の証明ではない」

ここに気付かされたのです。僕はまだ読んでもいない頭の良さそうな本を並べておくことで自分の価値を見せびらかそうとしていたのです。なんと小さな人間なのか。そんな小さなプライドは捨ててしまえ。

まぁそうは言っても紙の本はやっぱり好きです。でも電子書籍に触れてもいないのに使わないのはそうなんだろう?食わず嫌いは良くない。何事も物は試し。ということで購入に踏み切りました。

 

現在3ヶ月目。見事に慣れました。慣れってすごい。

片手で読めるのがいいよね。タップでページめくれるから便利。紙に戻れないなんて言わないけどよっぽどじゃなきゃ本は電子版で買うことになりましたね。

レビュー

購入したのはKindle Paperwhiteモデルのマンガモデル。2017年の最新のモデルです。容量が普通のpaoer whiteが4GBなのに対してマンガモデルは32GBあります。

 

これは自炊した書籍(主に漫画)を入れるために容量を多く取っておきたかったからです。

漫画などの画像情報はデータ量が多くなってしまいますからね。ただのテキストのみの本しか入れないならば普通のモデルで十分です。

 

もちろんキャンペーン情報無しのモデルです。

キャンペーン情報ありモデルは価格は安くなりますがロックを解除するとまず広告が出ます。それを解除してから本が読めるわけです。

毎回キャンペーン情報のページを解除するのは積み重なって大きな手間となります。

パッと読める手軽感は大事だと思います。

こういう手間を削るのもミニマリズムを知ったからですね。

 

ちなみにWifiのみのモデルです。3Gはありません。そのため外ではダウンロードできませんがそこまで困らないでしょう。その差に約4000円は出せないってのが僕の判断。

 

まずは表面。

f:id:kyoumoganbarou:20180226154922j:plain

スリープ時に表示される絵(?)は毎回違います。絶妙にクールなデザインです。スリープしている時の絵が主に黒なので本体も黒にしました。

読むときは周りはあまり気にならないのでこれでよかったなと思います。

 

ただ黒は汚れが目立ちます。手の脂がついちゃうのがめっちゃよく見えるので萎えます。その点ではホワイトもいいかなと思います。

 

裏面。林檎シールはご愛嬌。

f:id:kyoumoganbarou:20180226154927j:plain

撮影にあたって拭いたのでそこまで汚れていませんね。黒って引き締まって見えてやっぱ好きだなぁ。

 

ここでオススメのストラップをご紹介。どう使うと思いますか?

f:id:kyoumoganbarou:20180226154914j:plain

これは…

こんな風につけて!

f:id:kyoumoganbarou:20180226154935j:plain

こんな風にしっかり持つことができるやつです

f:id:kyoumoganbarou:20180226154931j:plain

片手でもしっかり落ちることなく持てます。電車とかで立ち読みするとき便利ですね。

あと特に寝転がって読むときも便利。オススメです。ベッドでの読書が捗ります。

 

ちなみにテキストはこんな感じで表示されます。綺麗です。本当に紙のよう。

f:id:kyoumoganbarou:20180226164240j:plain

 

こんなに斜めからでもしっかり表示されているのがわかります。…わかります?

f:id:kyoumoganbarou:20180226164506j:plain

 

マンガはこんな感じです。普通に文句なく綺麗に見えます。

f:id:kyoumoganbarou:20180226164847j:plain

ちなみに読んでるのはコレ↓。結構面白い。

ここは今から倫理です。 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ここは今から倫理です。 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

使うときのコツ

ここで僕が実際にkindleを使っていて気づいた使う上でのコツというか裏技をご紹介します。

①ページめくりについて

kindleはわりとページめくりがスマホ版と違います。

だいたい下の写真の赤線で戻ると進むが変わります。

f:id:kyoumoganbarou:20180328125914j:plain

この線より左をタップでページは進みますし、右なら戻ります。このおかげで右手持ちでも簡単にページがめくれるんですね。

スワイプならページはどこを触ってもめくれます。

②画面下部の表示の切り替え方

f:id:kyoumoganbarou:20180328125902j:plain

ここにこんなのが書いてありますね。ここをタップすることにより

(本内での現在の)位置No➡︎章を読み終えるまでの時間➡︎本を読み終えるまでの時間➡︎何も表示しない

と切り替えることができます。

オススメは何も表示しない、です。

やっぱ集中しやすくなりますよ。

③どうやってライブラリに戻るのか?

これ最初わかんないと思いますので書いておきます。

f:id:kyoumoganbarou:20180328145646j:plain

この赤く囲った部分をタップするとこんなのが画面に表示されるので、そしたら左上の家みたいなマークをタッチでライブラリに戻れますよ。

④絶対にするべき設定

歯車マークから設定にいけます。

歯車マーク➡︎全ての設定➡︎端末オプション➡︎詳細設定

そして、

・「ホーム画面の表示」をオフ。

オススメなどが表示されなくなります。

・「漫画をシリーズごとに表示」をオン。

一覧で全部の巻が表示されず、まとめられるのでスッキリします。

 

また、端末オプション➡︎読書オプションで

・「ページの更新」をオフ。

これで動作が若干軽くなります。kindleはレスポンスが悪いこともあるのでこれはしたほうがいいです。

・「続編」をオフ

次の作品の購入のオススメを表示させなくします。

これは好みかもしれませんがちょっとウザいので非表示をオススメします。

 

 

それではポイントをまとめます。

Kindleのモデルを選ぶポイント

・黒だと汚れが目立つ。白だとスリープ時の浮いてる感じがなんか嫌。それを踏まえて色は好みで選びましょう。僕は黒派です。オススメは黒です。一回白を買ったのを売って黒に買い直すぐらいには黒派。

・マンガモデルと通常モデルはどれだけ漫画を入れるかによる(当たり前か)。

マンガがありすぎる!っていう人以外は通常ので十分だと思います。マンガのみなら約700冊入れられるそうです。700って結構ですよ。一回家の本を数えてみてください。そんなにないですよ。まぁ自分は余裕を持ってマンガモデルにしたのです。

・暗いところで読めるようにバックライトがあるモデルの方が絶対にいい。無印kindleはないです。

・片手で読めるように何かストラップ系はあった方がいい。なくても使えないわけではないけれども。

メリット

・本がかさばらない。素晴らしい。スペースを気にせずに無限の学びを得られる。

・サイズ感が愛おしい。手の小さい僕でもしっくりくる。

・本屋に行かなくても欲しい本をすぐに買える。

・画面サラサラで指紋もつきにくい。

・目に優しい。本当の紙のよう。すもほやタブレットとの1番の違い。

デメリット

・安い買い物ではない。一番安いものでも約9000円します。本棚が溢れない、スペースができる。そのためにこれだけ払えるかがポイントですね。

・本を買いすぎてしまい金欠になる。

・スマホ、タブレットと比べたら動作がもっさりしている。

・KIndle版がない本に苛立ちを感じてしまう。

 

まとめ

と、感じです。

Kindleを買うと本を読むようになるって聞きますけど本当でした。使わないのは勿体無いっていう貧乏根性もあるとは思いますけど、パッと読めるし、重くないし、すぐ買える。そのうえかっこいい。

知識がこの薄い機械の中に詰め込まれてる感が好きです。

検討している人の参考になったら幸いです。

 

 ここまで読んでくれてありがとうございます。ではまたっ!