そらになりかけ

音楽と生き方について話してます。

【コールセンターのバイトを3日で辞めた】やりたくないことから逃げる大切さを語る

どうも、ガンモです。コールセンターのバイトを3日で辞めました。

その時の経緯と、考えたこと、学んだことを書いていきます。

バイトを始めてから辞めるまで

夏休みに地元を離れて東京で短期でコールセンターのバイトを始めました。

なぜなら、高時給で体力仕事じゃなくて人と直接には接しないからです。

お金が欲しい大学生にはありがたい案件でした。

この時は3日でやめるとは夢にも思わなかったのですがね。

 

仕事内容は要するにセールスの仕事です。

電話をかけて「これいかがですかーー」ってやるやつです。

一度は皆さんも対応したことがあるでしょう。

正直あれうざいですよね。まぁお金のためには仕方ないかなって感じです。

 

最初は慣れてもいないし、仕事が嫌とかうんぬんよりも、仕事を覚えることに精一杯でした。

 

でもまぁそんなこんなで2日めの午後あたりから慣れてきて、どんどん嫌になってきました。何がそんなに嫌かというと

 

・人が求めていないことをやり続ける。

・基本的に拒否され続けるので精神的にダメージを受ける。

・ずっと同じことの繰り返しで何も生み出してない。

・他会社との競争の汚い部分が見え隠れする。

・誰も楽しそうじゃない。

・こういう風(やりたくないことをやりつづけてる)に生きている人がたくさんいる世の中が悲しくなる。

 

社会に出てもいない若造が何を偉そうに、って感じですけども僕は確かにそう感じたのです。

特に辛かったのが、「人が求めていない、嫌がられていることをやる」ことです。

 

セールス歓迎な人なんていないです。

それをやり続けると自分そのものが否定されている気分になってしまう。

 

精神が弱い僕には結構辛かった。

それでもしばらく続けましたが、4日目の朝

「また今日も何時間もあれを続けるのか…?無理…折れる…何か折れる…」

という強い思いが生まれて、連絡してそのままやめました。

 

やりたくないことからはすぐに逃げるべきだ

僕は本当にこの経験で、逃げることの大事さを学ぶことができました。

 

世の中にはいろんな人がいて、いろんな仕事をしている人がいる。

東京という街はそのいろんな人、の範囲がとても広くて多様性を深く感じることができます。

だから色々な生き方を見ることができます。

 

自分は将来どうなるのか。

それはまだわからない。

けれど自分は今回のことで、

「やりたくないことをやり続けるには莫大な精神力とエネルギーが必要で、ストレスも半端ない」

ということを実感しました。

少なくとも僕はそういう人間でした。

 

やりたくない、つまらない、達成感はない、喜びもない。

そういう職場に勤めている人はたくさんいるのでしょう。なんてことでしょうか。

 

自分もこのままぼんやりと過ごしていてはやりたくないことで生きていくことになってしまう。

それだけは、絶対に、絶対に、絶対に、絶対に、嫌だ。

 

強くそう思いました。

「やりたくないことリスト」は時に「やりたいことリスト」より大事であると思います。

 

やりたくないことを明確にすることは、やりたいことを見つけることと背中合せです。

断捨離、ミニマリズムと一緒ですね。

ノイズを減らすことで本質が見えてくる。

 

この経験は楽しいものではなかったですが、僕に大切なことを教えてくれました。

そう、それこそが、やりたくないことからは逃げろということです。

 

「二つの軸」で物事を捉える

バイトはやらなくてもいいことです。

やらなくていい、やりたくないことはやらなくていいんです。

 

この世の物事は二つの軸でできているというのが僕の持論です。

その軸とは、

「やりたさ」と「やらなければいけなさ」

です。

言い換えると

「欲求」と「義務」

です。

 

 「やりたいこと」は自分の中から湧いてくると思ってます。

僕の場合は音楽を聴きたいし本を読みたいしモノつくりがしたい。

音楽や文章を作ってみたい。そして人の心を動かしたい。

 

やりたいことがない人こそ色々試してみるのがいいと思います。

いろんな体験をして自分が気持ちいい、心が喜んでいることを探してみるのがいいでしょう。

 

「やらなければいけないこと」は環境によって変化します。

自分がどこに身を置くか。それにより自分はどんな義務を負うのか。

様々な環境変化の時に、その選択によりどんな義務が生まれるかを考えることが大事でなんじゃないでしょうか。

 

この二つの軸を意識することが幸せへの道なんだ、と僕は思っております。

 

まず義務の中の自分のやりたくないことを減らしていく。

もしくはやりたくない程度が低いことで済むようにする。

そしてその環境下でやりたいことをやり続ける。

こうすれば「好きなことで生きていく」がやりやすくなるんじゃないかなーーーと感じている日々です。

 

 

こちらもご覧ください。「好きなことで生きていく」について語っております。

kyoumoganbarou.hatenadiary.jp

 

「好きなこと」に価値をつけ、生きていくだけのお金を稼ぐのは絶対に楽な道ではない。

でも、地道に積み重ね、それが叶った先にあるのは紛れもない

「絶対的な自分だけの幸福」

だと思います。

僕はその幸福にどうにかゆっくりでも向かっていくことを決めました。

ありがとうコールセンター。

 

まとめ 

逃げることの大切さについて話しました。

やりたくないことをやらないには工夫がいります。

頭使って幸福を掴みに行きましょう。

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。ではまたっ!