そらになりかけ

音楽と生き方について話してます。

よつばと!13巻の感想を全話徹底的に語る

どうも、ガンモです。

よつばとは世界。よろしくお願いします。

 

先日14巻が出ました。

やっぱりよつばとは素晴らしい。

そんなわけでしばらくよつばとの感想ってか好きなシーンとかを全巻分喋ってこうかなって思います。

 

で、今日は13巻です。上から遡っていこうかなって思います。

ランダムかもしれません。お付き合い願います。

 

 

帯の言葉

よつばとは帯も含めて一つの作品でしょう。

13巻は

「そして 今日も、日々は続く。」

これめっちゃよつばとっぽくて好きです。

日常は続いていくっていうか、それこそが素晴らしいことだって思えます。

誰が考えてるんだろう。センスありますよねいつも。

表紙と裏表紙と中表紙とか

f:id:kyoumoganbarou:20180501012821j:plain

表紙はこんな感じ。めっちゃかわいい。

よつばの動きとか表情とかがイキイキしてます。

なにげにばーちゃんに繕ってもらったズボン履いてるんですね。芸が細かい。

 

 

f:id:kyoumoganbarou:20180501014447j:plain

裏表紙。

ばーちゃんからもらった掃除のユニフォームを着てますね。

ジュラルミンや新キャラの黒いおばけもいてかわいいですね。

 

 

f:id:kyoumoganbarou:20180501014446j:plain

中表紙

カジュアルな感じの表紙と同じ構図の絵。かわいい。

 

カバーの中

f:id:kyoumoganbarou:20180501020128j:plain

f:id:kyoumoganbarou:20180501020132j:plain

僕は表紙を見た時から、水たまりに突っ込むよつばを予期してました。

ほんとは中表紙に、水が弾かれてうひゃーてなったとーちゃんの絵を予想してたんですけど、こうなりましたね。よつばかわいそう。

 

ちょっと発売日の思い出

僕がよつばとにハマった時にはすでに12巻まで出ていました。

もう本当に大好きで12巻までを何周したかなんて数えられません。

 

13巻発売を知った時の喜びもはかりしれない。

 

当日の朝、コンビニに行き見つけた時の胸の高鳴り。

 

なんと僕は買ったあと家まで走って帰りました。

一刻も早く読みたかった。歩き読みはしたくなかった。

しっかりと読みたかったから、走って帰りました。

 

懐かしい。それも2年前。

よつばと大好き。

 

では全話解説いきます。

 

83話「よつばとえだなど」

よつばたちがキャンプから帰ってきた翌日の話。

特に帰るシーンなしにいきなり帰ってくるんですね。別にいいけど。

ジャージ姿のあさぎに萌える。あさぎはかわいい。

炭酸を飲むよつばかわええ

 

あさぎにキャンプのお土産とかを見せます。

「もようがかわるの?」

「うん 早くお土産見せてよ」

説明を放棄するあさぎ。がんばれ。

 

お土産の枝を渡されます。

f:id:kyoumoganbarou:20180501061831j:plain

出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

思わずあさぎもこの顔。

 

この後もいらなそうな使えなさそうなお土産ばかり渡せれます。

あさぎの対応とよつばの会話がいちいちおもしろい。

 

大きい松ぼっくりがおみやげじゃなくて

f:id:kyoumoganbarou:20180501061913j:plain

出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

はあーーーーが好き。このよつば可愛い。

「ならよかった!」って結構汎用性あるセリフな気がする。

 

 ちゃんと枝を使うあさぎ好き。

f:id:kyoumoganbarou:20180501061942j:plain

出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

 

84話「よつばとすなば」

よつばが砂場で遊ぶ話。

 

とーちゃんを誘うも仕事で忙しいとーちゃんに断られてしまい

f:id:kyoumoganbarou:20180501062032j:plain

出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

このジタバタするよつば好き。

 

かわりに風香を砂場に誘いますが、よつばは風香の扱いが雑ですね。

そんな扱いを受けながらもちゃんと遊んであげる風香が本当にいいキャラ。

f:id:kyoumoganbarou:20180501062149j:plain

出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

砂場で走幅跳をして失敗する風香。

名シーンすぎる。

 

祭りの時もいた女の子と砂場で遊びます。

懐かしいですねー

僕もよく子供のころ砂遊びたくさんしました。たのしいですよね。

 

砂場で落とし穴を掘っているよつば。

「悪い人がはまったらどうすんの?」

「いきてはかえさん」

とか物騒ですね。よつばはたまに物騒なことを言う。 

f:id:kyoumoganbarou:20180501062227j:plain

出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

このコマ好き。

 

85話「よつばとよる」

よつばが夜中に起きてしまう話。

 

ばーちゃんが来るとわかってめっちゃ喜ぶよつばいいですね。

とーちゃん、おたまは電話に出る時ペンたてに突っ込みましたよ。

 

お風呂での会話好きです。

小さくなったらどうしましょうかね。

クラゲ懐かしいですね。小さいころ僕も作ってもらってました。

よくこんなにも懐かしい気持ちになれるシーンを描けますね。すごいや。

 

よつばが夜中に起きてしまいます。隣にとーちゃんがいない。

夜だといつも暮らしてる家がまるで違うものみたいに見えるんですよねー。

あらゆるものが怖く見える。わかる。

ここでよつばは黒いおばけを見つけたんですかね。

 

とーちゃんの部屋までいくよつば。

f:id:kyoumoganbarou:20180501062308j:plain

出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

ここの無言のやりとり好き。かわいい。

夢の中にいってると忘れちゃうんですねー。

 

小さい時は夜遅いことがなんか特別でしたよね。

日付が変わるまで起きてることなんて滅多になかった。

そんな気持ちを思い出しました。

それが今はこんなことになってしまった…(現在深夜3時)

 

よつばの理不尽ななぞなぞを食らうとーちゃん笑った。

 

86話「よつばとおみやげ」

ばーちゃんがくる回。

汚い部屋とかとーちゃんの考えでつけないでとか散々言うよつば。なんてやつだ。

 

きゃりーぱみゅぱみゅとか出すんですね。なんかメタネタってほどじゃないけど、初めてまともに現実世界の言葉使った気がします。

 

ばーちゃんを待つよつばかわいい。

f:id:kyoumoganbarou:20180501062442j:plain

出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

 

僕は紅茶花伝より午後の紅茶派です。

 

 

あずまんがの制服を着た女子高生出てるらしいっすね。僕はあずまんが読んだことないのです。

 

そしてばーちゃんの登場

f:id:kyoumoganbarou:20180501062532j:plain

出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

かっけぇ…

 

このよつばの扱いに慣れてる感じがめっちゃいい。

f:id:kyoumoganbarou:20180501062559j:plain

出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

飛び込みを予測しています。

 

家につき靴をちゃんとしな、と叱るばーちゃん。いいっすね、関西弁。

 

家を飾ってくれたことを褒められて嬉しそうなよつばが可愛すぎる。

f:id:kyoumoganbarou:20180501062626j:plain

 出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

 

罠にかかりながらもばーちゃんから鉛筆、色鉛筆、鉛筆削りをもらいます。

おみやげは!?的に駄々をこねるよつばがなんからしくないって言うか…成長したのかな。

「ばーちゃんはものをくれるからすき!!」

清々しい。

 

 

f:id:kyoumoganbarou:20180501062700j:plain

出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

このページなんか好き。

「ならええ」

いい言葉。元気ならええんですな。

よつばも

「ならよかった!」

って言ってたし、言葉がうつってんのかなって思うとほっこりします。

 

 

87話「よつばとそうじ」

結構好きな話。

f:id:kyoumoganbarou:20180501062717j:plain

出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

3コマ漫画かな?めっちゃ笑いました。

よつばはばーちゃんに頭突きするのが好きなんですね。

 

朝から家に前の掃除って偉すぎるばーちゃん。

新聞を毎日取ってくることを褒められて

f:id:kyoumoganbarou:20180501062729j:plain

出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

この笑顔。本当に嬉しいんですね。可愛すぎる。ほっぺがかわいい。

 

ほうきでの掃除を手伝って、朝の音だ!と気づくよつば。

f:id:kyoumoganbarou:20180501062909j:plain

出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

僕このシーン大好きなんですよ。

なんか、こう…よくないですか。めっちゃ。

「このおとだったかー」

と言うよつばを見てる無言のばーちゃんがなんかいい。

わかります?この良さ…?伝われ。

 

格好おしゃれかよ、ばーちゃん。

風香が袋を猫と勘違いして話しかけてバカにされてて笑える。

 

f:id:kyoumoganbarou:20180501062710j:plain

出典:あずまきよひこ「よつばと!」13巻

 

地球に

 

いいセンスの発言。

 

 

家買い!楽しいで!だそうです。

家購入展開フラグですかね。

 

 

なんととーちゃんの名前があっさり判明します。13巻目にしてとうとうです。

葉介 

です。

小岩井葉介

”葉”の文字がついてますね。だから”よつば”なのかもしれませんね。

 

プリキュアの絵を描いたと言うよつば。メタネタ?再び。ここら辺なんか気になりましたね。いいんですけど…なんか…ねぇ…?

 

この回は僕の好きな名言が飛び出します。

「楽しく掃除する方法があるんや」

「ほうほう?」

「そう それはな

本気で掃除する!

なんて名言だ。

これのおかげで割と真面目に僕の掃除観は変わりました。

本当に真面目に本気で掃除すると、楽しいんですよね。

ありがとうばーちゃん。あなたのおかげで僕の部屋は今日も綺麗です。

 

サロンパスから絵がはみだしてるの好き。

 

「ワックス?床に?…そんなの考えたこともなかった」

と言うとーちゃん。よつばっぽい言い回しですね。好き。

 

88話「よつばとばーちゃん」

よつばとばーちゃんがわちゃわちゃする話。

「よつばに安い服買ったろ」

「やったー!やすいふく」

好き。

 

よつばがばーちゃんに

「よつばはさいきんいろんなことをしってる!」

とお話しするシーン。いいですよね。

よつばが成長してることが感じられてジーンときます。

今までの話からいろんなことを学んでるんだなぁってなりました。感動。

 

鳥の名前がわかるってかっこいい。

あのテケテケ走る鳥がハクセキレイだとばーちゃんに教わりました。

 

次の日にはばーちゃんが帰ってしまうことを知らないよつば。

「ならぐずるんは帰るときだけでええやろ 黙っとこ」

「ん」

うーーーーん、いい…ばーちゃん大好きなよつばと、それをわかってるばーちゃんととーちゃんもいい…

この優しい世界がよつばとの魅力です。

 

89話「くろいおばけ」

ばーちゃんが帰ってしまう日の話。

「つくりすぎたよ!」

に笑った。

「ふつうのパンマン…」の反応も笑える。

ばーちゃんが帰ってしまうから駄々をこねるよつばかわいい。

お土産を散々求めてたよつばが

「おみやげなんかなくてもいい」

と言って泣きつくのはもう…ね…

 

最後のページが好き。

あーあ!というよつばといつもの家に帰る風景。繊細な背景と合わせて何とも寂しい気持ちになります。なんでしょうねこの表現力は。あずまさんまじすごい。

90話「よつばといちにち」

通常のthe日常回

いいですね。やんだがイケメンになります。

洗い物進んでするよつば偉すぎません?

 

夕焼けが綺麗だからスパゲッティ、がなんか好きです。

 

ラストの寝る前に遊ぶシーンとーちゃんの作画荒れてません?なんか顔違う。いいけど…

 

最後いいですね

「きょうもいちにちたのしかった…」

とーちゃんとよつばが同じポーズなのが可愛すぎる。

 

まとめ 

と、こんな感じで13巻について語りました。

まぁばーちゃんの巻ですね。よつばの成長も強く感じられました。

ばーちゃんは初登場ながらすごいインパクトを残していきましたね。キャラが濃い。

これからも関わってくるのが楽しみです。

 

 

 

(関連) 

よつばと!14巻の感想を全話徹底的に語る -