そらになりかけ

音楽と生き方について話してます。

ヨルシカの「負け犬にアンコールはいらない」の感想をめっちゃ語る

どうも、ガンモです。ヨルシカ最高。

www.youtube.com

 今日は先日発売されたヨルシカさんの新アルバム「負け犬にアンコールはいらない」の感想を一曲ずつ書いていこうかと思います。

f:id:kyoumoganbarou:20180517143632j:plain

 

ヨルシカは、作詞、作曲、ギターをナブナさん。ボーカルsuisさんの二人組です。

まだ結成したばかりですが、その勢いはとどまるところを知りません。

 

まぁ細かいところは置いといて、本題に行きます。

 

 

前世

インスト曲。ピアノの旋律が美しい。なんかゆっくり眠れそうになる。

歌詞カードのこの部分は詩が入ってます。ぜひ買って読んでいただきたいです。

 

負け犬にアンコールはいらない

アルバムタイトルにもなっている曲。僕自身クロスフェードを聴いた段階で一番楽しみなのはこの曲でした。

Aメロは想定外にアップテンポに曲が進みます。間奏のギターがヨルシカはいちいちかっこいい。

サビめっちゃ好き。

 

”もう一回、もう一歩だって歩いたら負けだ”

 

これどういう意味なんでしょうかね…何度か出てくるフレーズですが。

歌詞は全体を通して見てもネガティブ気味です。

そういうの好きですけどね。前に進みたいことの裏返しなんでしょうか。

”人生に名前をつけるなら希望って言葉は違うだろ”

このフレーズ好きですわー

 

ラストの転調のところがマジ鳥肌もののかっこよさ。脳内を風が吹き抜けるような爽快感があります。聴いてるともうなんか…素晴らしすぎて目を閉じてしまいます。

”世界平和でも歌うか?早く全部を救えよ愛とやらで”

suisさんの歌唱力をここで感じました。すんごいかっこいい。まじで。生きてるなら聴いておきたい一曲。

 

爆弾魔

僕が次に楽しみだったのはこの曲。(ていうかアルバムに入ってて事前にフルで聴けないのはインストを除くと3曲なので順番も何もない気もします)

 

歌詞がひたすらに好き。

amazarashiにも「爆弾の作り方」という曲があるんですけど、これを聴いててどこか通ずるものを感じました。

日々を爆破したい。全部なくなってしまえ。そんな歌を作るのはこの自分だ。そんな思いを二つの曲から感じました。

 

”ずるいよ優しさってやつをちらつかせてさ ずるいよ全部”

わかる〜〜〜。恋愛の歌ではないでしょうけど、優しさちらつかすのホントにずるい。

ずるい。爆破したい。

 

青春の全てに散れば咲け 散れば咲けよ百日紅

???美しすぎる。日本語の美しさの限界値。びっくりしましたもん初めて聴いた時。

百日紅(さるすべり)はこんな花

f:id:kyoumoganbarou:20180514011856j:plain

 

ヒッチコック

www.youtube.com

youtubeに先に上がってましたね。発売前からめっちゃ聴いてました。かなり好き。

不思議なMVです。「言って」の女の子なんですかね。

 

”先生人生相談です。この先どうなら楽ですか”

この歌詞すごくないですか。この先どうなら楽か?を訊くってセンス。

たしかに…てなりました。

めっちゃくちゃ知りたいはずなのにこういう風に歌詞にしてもらうまで思いついた言葉じゃなかった。

 

”青空だけが見たいのは我儘ですか”

わかるーーーーーーーーーーーー!!!

青空だけ見て生きていきたいってすごい思ってました。ナブナさんもそう思ってたのかと思うと、なんか嬉しい。

 

”幸せの文字が¥(おかね)を含むのはなんでなんでしょうか”

この歌詞に衝撃を受けた方は多いでしょう。気づかないでしょう普通。もうホントすごい。お金は幸せの一部なんでしょうかね。否定しきることができないのが現実です。

 

ドラマチックに人が死ぬストーリーって売れるじゃないですか 

花の散り際にすら値が付くのも嫌になりました

うーーーん。そうなんですよね。この風潮ってか、そうしとけばいいんでしょ的な空気感が嫌なの激しく同意なんです。

 

「先生」に語りかける、訊ねる感じで曲の大半の歌詞が構成されてます。

ヒッチコックは映画監督で、サスペンスやホラーが得意な監督だそうです。僕はこの人の映画を見たことはないのですが…

 

劇的でドラマチックな人生を期待して生きていたのにどうしようもないことばかりで、早く楽になりたい。何もない空っぽな自分。生きていなきゃいけないなら青空だけを見ていたい。何も考えずに。

もうほんとに同意しかなくてですね、一生ナブナさんに付いていくとこの曲を聴いたときに思いました。

 

落下

インスト曲ですね。ちょっと音だけの曲になると語れなくなってしまう…タイトル通り落ちていく感じしますねーとか適当なこということもできますけど。

これは聴いてると、落下というよりゆらゆら水の上に浮かんでるような気分がします。

ゆーーーっくり回りながら浮かんでる感じです。わかります?

 

準透明少年

www.youtube.com

大好き。もう全部かっこいいですよね。透明感やばい。suisさんの声だからこそこの歌は完成してる。(ヨルシカ全部そうですけどね)

 

愛の歌も世界平和も目に見えないなら透明なんだ 

そんなものはないのと同じだ

愛、世界平和と、「負け犬にアンコールはいらない」でも出てきましたね。アルバムを通して聴いて統一感が出るように、あえて同じ言葉を歌詞に入れているそうです。すごいですよね。こだわりが強い人、好きです。

 

ただ君に晴れ

www.youtube.com

この曲がyoutubeに上がったときリアルにガッツポーズしましたもん。

大好き。まずタイトルが美しい。この日本語の列を思い浮かぶってどんな人生送ってきたらできるんですかね。俺はあと5回は人生やり直さないと思いつかない自信がある。

 

君のポケットに夜が咲く

夜が咲くって…天才…意味はよくわからないけど…

手拍子がめっちゃ楽しい。外で聴いててもやりたくなるから困る。

 

ナブナさんはほんとに夏が好きですね。ほとんどの曲に夏ってワードが入ってる気がします。そんなところも好き。

 

思い出なんてただの塵だ

なんか時々amazarashiと似たようなことを言うなぁって思うんです。だからヨルシカに僕は惹かれてるんでしょうかね。

潜在的にこういうアーティストを好んでるのかもしれません。

 

冬眠

静かな曲。好き。

 

神様なんていないから 夢は叶うなんて嘘だから 

仕事も学校も全部やめにしよう

すごい切ない。辞めたい。わかる。

 

忘れることが自然なら 想い出なんて言葉作るなよ

確かに…

他の曲でもこのように、想い出なんていらない。ただの塵だ。想い出しかない。など、想い出についての歌詞が多いです。

 

辛いことばかりだった。忘れたい。でもやっぱり今の自分には何もないから想い出に縋るしかない。どこにもいけない。

こんなナブナさんの気持ちを感じました。

 

僕が言うのも傲慢ですけど、こういう暗いところが自分と似てて、だからずっと聴いていたくて、慰められるんですよね。

 

夏、バス停、君を待つ

インスト曲です。

いやタイトルがナブナさんすぎる。盛り込みかよ。

ピアノが綺麗ですね。

エンドロールっていうか、図書館が閉館になるときに流れそうっていうか、なんか「終わる感」のある曲です。わかります?さすがアルバムを締める曲なだけある。

 

まとめ

「負け犬にアンコールはいらない」感想でした。

まぁめっちゃ名盤なので、迷わず買え!って感じです。

 

特にタイトル曲「負け犬にアンコールはいらない」は絶対に聴いて欲しい。

CDを買って詩と歌詞をしっかり見ながら聴いて欲しい。そんなアルバムです。

 

ナブナさんの書く歌詞は一貫したストーリー性とテーマがあるように感じます。

どこか悲しい、でも爽やかな歌詞とメロディー。

透明感のあるsuisさんの声。

本当に素晴らしいバンドです。出会えてよかった。

 

まだ聴いたことない人はyoutubeにある曲だけでも聴いてほしいですね。ほぼ100%ヨルシカが好きになります。超おすすめです。

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。ではまたっ!