そらになりかけ

音楽と生き方について話してます。

【スピッツ】「ミカンズのテーマ」ってとんでもない曲の話

どうも、ガンモです。スピッツ大好き人間です。

そんな僕が一番好きな曲は「ミカンズのテーマ」です。

スピッツは控えめに言っても最高のバンドです。

日本のバンド界の中でもひときわ存在感があり、今でもどうしようもないほど名曲を生み出し続けています。

こっちもご覧ください。

www.kyoumoiitenki.site

 

母親がスピッツ大好きだった僕は、幼い頃から出かける時に車でずっとスピッツを聴いていたため、沼にはまりました。スピッツ歴は年齢です(21歳)。

 

そんな僕が一番スピッツで好きなミカンズのテーマという曲の話をします。

歌詞が好き。曲調が好き。なんか踊りたくなるっていうか、なんか、好き。

もっと有名になればいいのに。

 

とりあえず歌詞をかたります。

 

誰もが驚く野望を 隠し持ってる前頭葉

 好き。

「俺は大物になってやる」みたいなことって、誰もが思ってるんじゃないですかね。そんな脳内を言い当てられた気分。

 

当たり前すぎる人生を切りはりしてこのざま

つらい。

大きな野望を持っていても、いつの間にか当たり前の人生を過ごしてしまい、特別な人間になれないと思ってしまう。

 

好きだと言えたらよかった そんな記憶でいっぱいだ

ほんとそれな。

いつもそんな記憶ばっかりです。それでも…いつかね、叶うといいね。

 

頑張ってやってみよう 上向いて

上を向いて歩こう、的なね。

 

「まぁいいか」なんて言うな 言わないで

「春の歌」の”どうでもいいとか そんな言葉で汚れた 心今放て”に通ずるものがあります。

草野さんはこのように「あきらめないで」というメッセージのこもった歌をたくさん作っています。がんぼろうって、少し、思えますね。

 

ミカンズ笑顔は無理につくれないけど

笑うの苦手なんすよ、僕。

写真撮られる時、笑顔を自然に作れない。そんな僕にはこの歌詞が刺さりましたね。

 

めまいがするくらい慎重に歩いてみたが変わんねー

 いい言葉。

いくら未来に不安を抱いても、なにも変わらないってことをこんな言い方でできるなんて…

もうちょい気楽に生きれればいいんですけどね。

 

逃げ出す術ばっか考えた そんな自分が嫌いで

辛い。

ちゃんと自分の課題に向きあえよって話ですよね。なんか目をそらして、違うことやって、本質が変わらなくていつまでも前進しない自分が嫌になる。

 

楽しいことないかいな ありそうだ 

あるといいなぁって、常々思ってます。あるかな、ないかな。あるといいな。

最近の幸せといえば、美味しいものを食べることで。って感じですね。

 

実は恋も捨てず 虹の橋を渡ろう

”実は”ってのが好き。

気遣われたくないし、ダメなやつに思われたくないから、諦めたように見せてるし、振舞ってるけど、 「実は諦めてないんだぞ」っていう小さい自分を重ねて聴いてます。

 

ふぅ、名曲やな。

 

まとめ

スピッツの名曲の話をしました。

これが収録されている、「三日月ロック」というアルバムはほんまに名盤で、いい曲だらけで困るんですよ。

なにから聴いたらいいかわかんない、って方は、三日月ロックから始めてみるのがいいといつも思っています。

ミカンズのテーマ

ミカンズのテーマ

  • スピッツ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。ではまたっ!