そらになりかけ

音楽と生き方について話してます。

絶望的な世の中を音楽で生きていくしかない

どうも、ガンモです。

これは僕の生き方です。

生きるのがめんどくさい

「生きるのがめんどくさい」

僕はずっとそう思っています。

なんでなのかは今だにわかりません。

 

友達はいたし、趣味もまあ多いです。

彼女がいないからなんでしょうかね。

わかんないです。非モテは辛い。

 

 

圧倒的な絶望もないけど、希望もない。

それこそが辛さの根源。

それこそが最大の絶望。

 

 

世の中大半の人は凡人なのですよね。

僕もあなたも、多分凡人です。

 

だから、めんどくさいのかもしれないです。

 

理想通りに生きれないことをなんとなく悟り、妥協の幸せをすくい取って生きるしかないって分かったから、もう人生が代替案になってる。 

 

 

その「代替案の人生」の中で精一杯頑張るってモチベーションは、どうやって沸かせればいいんでしょう。

メンタルっていうか、精神論になりますよね。

自分を信じて、信じて、何も成果が出なくとも頑張り続ける精神力。

 

そんなものはなかった。

「やりたくないことをやらないために、やらなきゃいけないこと」

ってのは絶対にあると思います。

 

【こちらもどうぞ】

www.kyoumoiitenki.site

 

そうは考えていても…

というか、そう考えてるからこそ、何もしなくても生きていけるだけのシステムが欲しいって思うんです。

ただ、最低限生きていけるだけの世界。

 

今は何かをしなくちゃ生きていけない世界。

社会不適合者は生きていけない。

生活保護のようなものを誰でも受けられるようなベーシックインカム制度が、今の社会には必要だと思うし、現代の技術ならできると思うんですよね。

 

という夢物語をいつも空想しています。

 

「音楽」は最高の精神安定剤

そんな世の中だからこそ、音楽は素晴らしいんです。

音楽は聴くのにエネルギーがいらないから。

目を開けておく必要もない。

ただ、イヤホンをして、意識を音に向けるだけでいいんです。

 

それだけで自分を違う世界に連れて行ってくれる。

つまらない、大変な、頑張らなきゃいけない世の中を忘れることができる。

 

その上、歌詞やメロディが力づけてくれることもあるわけです。

もう最高でしょう。

 

今の時代はyoutubeで公式から出てる音楽だけでもいいものが本当にたくさんあります。

素晴らしい時代です。

こんなにも心を癒してくれるものがただで楽しめるんですから。

 

***

 

僕は音楽を聴かない人ってすごいなって思うんです。

 

ずっと現実にいるわけでしょう?楽しいことしかないのかな。

それってめちゃくちゃすごい。

強メンタルすぎると思います。

 

 

横になって音楽を聴くのが一番楽で楽しい。

散歩しながら聴くのもとてもいい。

 

言葉を聞いて感動できる。

メロディーとビートがテンションを上げてくれる。

そうすれば生きていける。

それがないと生きていけない。

 

明日がんばろうとか、今日がんばろうとか、どうでもいいんですよね。

なんか、なにもしたくない。

音楽しかない。

僕にはなにもないから。

 

 

聴くだけ。

言葉を追うだけ。

でも、それでとりあえず、僕は生きていくことができるんです。

新しい音楽と言葉に出会いたいから。

 

そんなふうに最近思ってます。

 

まとめ

人生ってすごく楽しいことも極稀にありますけど、基本的に辛いし、つまんないですよね。

そんな時には音楽がそばにあるので生きてられます。

そんな人生です。

特に言いたいことなかったな…

なんだろう。

がんばろう、でもないな…

 

世の中の、生きることに希望を持てない人たちは音楽にどっぷりハマるといいと思うし、僕はそんな人たちに向けた言葉と音楽を紡ぎ出していきたいですね。

 

まずは言葉だけでも…って感じですね。

だからブログ書いてます。

誰かの、僕の考えを見るだけでも独りじゃないって思ってくれる人がいれば、それが一番ですね。

 

【こちらもどうぞ】

www.kyoumoiitenki.site

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。ではまたっ!