そらになりかけ

音楽と生き方について話してます。

「どうせ死ぬ」という真理にどう向き合うべきか

人間はどうせ死ぬって怖いですよね。

どうせ死ぬくせに辛いなんておかしいですよね。

どうも、ガンモ(@hibikore_Ganmo)です。

僕たち人間はどうせ死ぬわけですが、その上でどうやって人生に向き合うのがいいいのかって、常々考えてます。

だから僕は

「どうせ死ぬんだから、適当に」

って思うようになりました。

 

死ぬのは怖い

みなさんは死ぬのは怖いですか?僕はめちゃくちゃ怖いです。

今こうして認識して、考えて、見ている、広いけど狭い自分の世界が唐突に全部消えてしまうなんて、ふと考えると怖くて仕方ありません。

こんなこと、誰しも考えたことあると思います。

f:id:kyoumoganbarou:20180728080659j:plain

ですが、死んだらどうなるかなんて、死んでみないとわからないですよね。

だから

「死んだらどうなるか、死ぬのが怖い、なんて考えるのは無駄」

っていうのは、もちろんそうだなって思います。

 

でも、それを考えずに楽観的に生きていけるような性格じゃない人もたくさんいると思います。

人生が楽しい人は「人生楽しんだもん勝ち」みたいなことを堂々と言えるし、それを実感してきたのでしょう。

 

人生を作るのは自分だし、周りの環境を変えるのも、どう物事を受け取るかも、全部自分次第です。

しかし、感情というのは素直なので、辛いもんは辛いし楽しいもんは楽しいのは仕方ないんですよね。

 

いつか消える感情にふり回されるなんて、疲れますね。

だから、僕はもっと適当に生きてみたいなって思うんです。

 

僕は今、ブログで生計が立てたいです。

でも、疲れたくないです。だから僕は正直そこまで重く考えてないです。

「いろんな生き方あるしなー。大丈夫やろな」って思ってます。

適当にいろんなことに向き合ってます。

 

「どうせ死ぬ」なら楽しく、幸せに生きたい

それはもちろんそうですよね。

でも、そう簡単にいくかって言ったら、違いますよね。

 

嫌なことがない人生を送った人がこの世にいるでしょうか、いやいない。

 

楽しいこと、好きなことだけで生きていくのは今の所難しいです。

そういう「好き」だけで生きていける人もいるかもしれませんが、そこにはどうしても「めんどくさいこと」が付いてくると思います。

だから極力「嫌なこと」を排除して、「楽しいこと」のための「めんどくさいこと」をやって、それで生きてければいいなって思うんです。

 

【こちらもどうぞ】 

www.kyoumoiitenki.site

↑同じような話をしています

 

 

「どうせ死ぬ」から恥をかける

さて、最近僕は少しだけ変わりました。

 

「それは思いきってやってみよう」と思えるようになったことです。

それはやっぱり、死ぬからです。

 

死ぬから、どんな恥をかいて、馬鹿にされて、失敗してもいいんですよね。

なぜなら僕はこの世界からいなくなるから。

いなくなって、あらゆる辛さが消える結末が、確定してるから。

 

「まぁ…恥ずかしいけど死ぬしいいか…」 

「辛いな…でもまぁ死ぬからいっか」

ってちょくちょく思うようになりました。

 

何やったっていつか死ぬので、そんなに気にしなくていいですね。

 

 

まとめ

そうは言っても、死ぬのが怖いのは変わらないです。だから生きているんだと思います。

でも、死ぬからこそ、「なにかやってみよう」って思えるんです。

 

ブログをやっているのもその「なにか」ですね。 

自分を晒すのは恥ずかしいけど、まぁいつか死ぬんだからいいじゃないかって思えるようになりました。

 

僕はひとことで言うなら

「死にたくないから生きている」

という消極的な人生観です。

でも、その中でどうにか楽しいことはないか、楽に生きれないかって、色々考えながら生きています。ベーシックインカムが欲しい。

 

 

音楽をやったり、寝たり、美味しいものを食べたり、ぼーっとしたり。

それらやりたいことと、やりたくないことのバランスってめっちゃ難しいなぁって、やっぱりいつも思います。

 

この世の中に生きてる人たち、みんなすごすぎますね。

今日も、人生お疲れ様ですって感じです。

 

「どうせ死ぬから、適当に、細かいこと気にせずに生きよう」

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。ではまたっ! 

 

 

【今日の一曲】〜僕がおすすめしたくなった曲を紹介するコーナー〜

youtu.be

「どうせ死ぬくせに辛いなんて おかしいじゃないか」