そらになりかけ

音楽と生き方について話してます。

憧れと嫉妬と切望と絶望と

 

秋田ひろむになりたい。

彼のように心の中の泥を吐き出し、吐き出し、人の心を動かしたい。

 

 

藤原基央になりたい。

彼のように刺さる言葉を、軽やかなメロディーに乗せて万人に届けたい。

 

越智志帆になりたい。

彼女のように力強い歌声で人を奮い立たせたい。

 

稲葉浩志になりたい。

歌声、歌詞。全てが力強い。肉体、声量も衰えない。あんな男になりたい。

 

イチローになりたい。

日本人的な細身の体でも、屈強な肉体をもつ外国人の中で活躍したい。

 

あの子になりたい。

彼女がこの世界をどう見てるのか知りたい。

どんな音を聞いて、何を考え、何を思い眠るのか。

全てを知りたい。

 

何者かになりたいけど、なれない。

何者か、とはそもそもなんなのか。

 

それすらも分からず自分から逃げるための言い訳なのか。

葛藤と失望。

しかし僕は何も諦めない。

ただの執着とプライドだけしかない。

僕が生きるためには、自分を生きて、幸せになるためには

駄目な自分のまま進むための小さなプライドとこの世への大きな執着さえあればいいのではないだろうか。

「見返してやる」

なにを?特にバカにされてはいない。

それはそうだ。

僕はまだなににも挑戦していないから。

たぶん僕は自分を、見返したいのだろう。

 

未来の自分が、今の自分に

「どうだ、すげぇだろ」

と、言えるように。

「今苦しんでるのは間違ってない」

と言えるように。

1歩ずつ、進む。

階段が、人より多い僕だから。