そらになりかけ

音楽と生き方について話してます。

【ネタバレあり】「カメラを止めるな!」感想。酔いました。笑いました。

先日、超話題作「カメラを止めるな!」をみて来たので、感想を述べたいと思います。

 

どうも、ガンモ(@hibikore_Ganmo)です。

映画館で映画を見るのは少ないのですが、たまには良いかなって思って気になってた「カメラを止めるな!」観てきたのです。

 

ネタバレ嫌いなので、どんな話なのか全くリサーチなしでいきました。

 

いやーーー…おもしろかったですね。おもしろかった。笑えた。コメディーとは思わなかった。

ただ、ここまで絶賛されなくても良くない…?て感じでしたね。期待値が大きすぎたのかな。

酷い言い方したら、制作費少ないってのは視聴者からしたら関係ないことですからね。

でもなんか、久々に映画館でみんなで笑った気がします。

そう考えると素敵な映画ですね。

 

さて、感想書いていきます。

 

以下ネタバレあるので注意です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじと感想

お話はゾンビ映画の撮影シーンから始まります。

主に展開は前半のゾンビ映画パートと後半のネタばらしパートに分かれると思うのです。

だから「この映画は2度始まる」ってキャッチコピーなんですね。

 

んで、前半パートでぼくがずっと思ってたことは

 

「酔いそう」

 

いや、酔いません??

カメラワークは、まあそういう演出だし、展開上仕方ないのだろうけれども、グラグラしてて酔いそうっていうか、酔いましたよ。

気持ち悪くなってトイレに吐きに行こうかと思いましたけども、こんな謎展開がつづく途中でトイレなんて行ったら大変だから我慢してましたけど、まじで吐きそうでした。

酔いやすい人はマジで気をつけたほうがいい。

 

 

一言で言えばこの映画は

「ゾンビ映画を撮影してたら本当にゾンビ出て来ちゃった映画を作ってる人たちのコメディー映画」

なんですよ。

わけわかんないですね。

 

前半の映画パートではなんというか

「???????」

となるところがたくさん出てきます。

 

お粗末な演技、意味不明な台詞回し、謎のカメラワーク、わけわからん演出などなど…

本当になんの事前情報もなしに行ったので僕は

「なにこれ…??」

としか思えなかったわけです。

 

まあ結果は「なにこれ」と思わされた僕が製作陣の思惑通りだったわけですけども。

 

後半はネタばらしパートで、その前半の映画が

「一発撮りで作られたゾンビ映画」

だったと分かるわけです。その無茶振りを任された冴えない監督の

奮闘記+ちょっと親子の絆のコメディー

ってお話ですかね。

 

いやー後半、笑えましたね。

メイクさん役やってた監督の奥さんの豹変具合とかが、特によかったです。

ゾンビを蹴り飛ばすところも、そういう裏があったのかと思うと笑えますね。

 

酔っ払っちゃった人をどうにかこうにかゾンビ役に間に合わせていくところとか、緊張感あって笑えながらも「頑張れ…!」て気持ちになれていいです。

 

監督の娘が裏方で活躍してるのが個人的になんか好きですね。こだわりの強いキャラは好きです。それが報われてよかったなあ、ってなりました。

 

最後の写真のシーンとかジーンと来ますよね、王道ですけど。

でも王道ってめっちゃ大事ですよね。わかる。いかに王道展開を自然に、盛り上がる形で入れて来るかが大事だと思うんですよ。物語ってね。

 

まとめ

全然有名な俳優とか使ってなくても、お金なくても、内容だけでここまで勝負できてヒットにもっていけるってのはすごいなって思いました。

けものフレンズとかそうですね。やっぱ一番大事なのは熱意と内容の面白さですよね。

 

期待値が高すぎてちょっと拍子抜けしてしまいましたが、普通にとてもいい映画でした。今ではいろんなところでやっているみたいですし、見てみてはいかがでしょうか。

(個人的には、いつかテレビでやるのを見るのでも十分な気がしましたが。)

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。ではまたっ!