そらになりかけ

音楽と生き方について話してます。

「好きなことで生きていく」は「好きなこと”だけ”で生きていく」とは全く違うって話

どうも、ガンモです。僕は好きなことで生きていきたいです。

皆さんはどうでしょうか。

 でもそんなのはおとぎ話だという人も多いでしょう。

「好きなことで生きていく」

はyoutubeで使われたキャッチコピーですね。

 

youtubeで生きていけるほど稼げているのはほんのごく一部でしょう。

このキャッチコピーに反論したくもなります。

その気持ちもわかりますが、今回は僕なりの「好きなことで生きていく」論を語ります。

「好きなことで生きていく」とは 

そもそもの前提として、タイトル通り、

「好きなことで生きていく」

ということは

「好きなこと”だけ”で生きていく」

とは全く違うんですよね。

「好きなことで生きていく」っていうのは、「好きなことをお金にする」ってことですね。

自分の好きなことに価値をつけて、お金に変えて生活することが、本当の意味での「好きなことで生きていく」です。

そのためにはある程度の障害も覚悟して乗り越えていく。

その覚悟すら持たずに生きようとするのが「好きなこと”だけ”で生きていく」ということだと思うんです。

 

たとえばプロスポーツ選手とかがわかりやすいんじゃないですかね。

あるスポーツが大好きで大好きでプロの選手になろうとする。

そのためには地道な筋トレやらトレーニングが必要不可欠です。

それをしないでスポーツ選手として生きたいってのこそ

「好きなこと”だけ”で生きていく」

っていう傲慢です。

 

youtuberさんとかは飯食ったり遊んだりするだけで金もらえていいなぁとか言われてることが多いですね。

なんて愚かなんでしょう。

見てもらえるようになるのにどれだけの手間と努力が必要なのか。

想像力が足りていない人が多い世の中です。

 

今でこそどんな動画でもすぐ数万再生されるような人でも、下積みのほとんど評価されていない過去があるんですよね。

評価されない中動画を出し続けるって本当にすごい。

企画力編集力その他諸々。

たくさんの要素が組み合わさりお金をもらえるだけの動画を世に送り出せるようになってる人たちです。すごい。

 

そしてそれで生きていけるだけのお金を賄えるようになった。

尊敬できる。

評価されなくても編集が面倒でも、好きなことで生きていこうという覚悟を持った行動です。

なんて素晴らしいんでしょうか。

 

つまり何が言いたいかっていうと

「好きなことで生きていく」っていうのは楽な道ではないということです。

しかし楽しい道ではあるでしょう。

楽ではないが楽しい。我ながらいい言葉が思いついた。

 

ではそのように生きていくためにはどうすればいいのか

うーんこれむずかしいですよね。

何より僕自身がまだ何も成果が出ていないので偉そうなこと言えません。

説得力がない。

でも僕なりに考えた上での結論は

「とりあえずブログやろう」

です。(ヒトデさんみたいなこと言ってしまってる。)

好きなことに価値をつける。

そのためにはまず自分の活動を世界に認知してもらわないと始まりません。

企業が宣伝に力を入れる理由はここですもんね。

 

いくらいいものを作っていたとしても、知られていなければ存在していないのと一緒です。

一個人である僕らが好きなことで生きていこうとするならまずは自分の存在を世界に教えてあげなければいけない。

「こんなことやってるこんな奴がここにいるよー!!」

ってインターネットという大海に叫ぶのです。

 

届かないかもしれない。

でも誰かにかすかに届くかもしれない。

ただ、言わなかったら確実にどこにも届かないんですよね…

だから好きなことで生きたいって思う人はまず何らかの手段で自分の存在を知らしめなければいけない。

SNSでもいいですが、貯蓄され、自由度も高いブログという手段が一番じゃないかなって僕は思います。

 

まとめ

僕なりの「好きなことで生きていく」論を語らせていただきました。

このブログも僕が好きなことで生きていくためのパーツの一つです。

末長くお付き合い願いたい。

 

おそらく好きなこと”だけ”で生きていける人はほんの一握りです。

しかもそれは結果としてそうなったのであり、最初から”だけ”を目指していては無理でしょう。

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。ではまたっ!